建築写真家に撮影を頼むメリット

By admin, 2012 年 7 月 22 日

STEP-imageの建築写真家に撮影依頼するメリット

設計士さんなどは職業柄センスの良い先生が多いですが、それでも建築写真家に撮影を依頼するメリットは多くあります。

素晴らしい仕事を作品として残す:

STEP-imageでは従来の金文字アルバムだけでなく、廉価なフォトブック・大判の竣工写真集・大判竣工写真パネルなど色々なご要望にお応えできます。

  竣工アルバムページ >>
建築写真を高解像度で撮影

雑誌や印刷物にするための原稿:

撮影した竣工写真を印刷用原稿にする場合、画素数が大きくないと画像が荒れる場合もあります。印刷の場合、写真プリントに比べ大きな画素数が必要になります。特に見開きで使う場合などは大きなサイズでなければきつくなります。STEP-imageでは2012.7現在 35mm一眼レフタイプでは画素数のもっとも大きいNikon D800(3660万画素)を使用しています。実際には修整等で画素数が減りますが、修整前のフルサイズできれいに印刷される350dpiの解像度で印刷する場合、534mm*356mmのサイズにも対応。一般的に解像度を落とすポスターサイズの印刷にも対応できます。

建築写真家として多くの現場をみている意味:

STEP-imageの建築写真家は色々な撮影をします。

ハウスメーカーのカタログ・建材メーカーのカタログ・施工会社の竣工写真撮影・設計事務所の作品撮影など多岐にわたります。細かい事は知らなくてもたくさん見てるのでそれなりの眼はあります。

色々みているという事は色々な要望も受けてきてるということです。施工と同様のこだわりをぶつけてください!それなりの響きを奏でることができると思います。STEP-imageでは単発のお客様の仕事もお受けしておりますのでお気軽にお問合せください。

GREE にシェア
[`evernote` not found]