竣工 大正5年(1916)
大正天皇の即位を祝い地元の有志により創建された、純和風様式の本格的な芝居小屋。近年老朽化の為取り壊されそうになったところを、地元住民の熱意で改修が決定。昭和60年(1985)に復元工事が完了し、現在も現役の芝居小屋として活用されている。

催し物が開催されていないときは奈落の見学もできる。
また、ほとんどの方は訪れずに帰っていたが、トイレへ行く外廊下も素敵だ。

参考サイト:>>内子座文楽のあゆみ