愛媛県 宇和島市(旧吉田町)
安政6年(1859)に建築された吉田藩の御用商人の店舗を、 「吉田ふれあい国安の郷」 内に移築復元した建物です。平成元年に復元目的で解体保存されたが、数年空き地に放置されたような状態で、関係者は心苦しい想いをしていたようだ。

建物はとにかくデカい! 梁間8.5間 桁行12間
8.5間(約17m)を1本で渡している様な巨大な材も使われている。屋根も5段の小屋組みが組まれているそうだ。

とても博識なガイドさんに案内していただき、建物の話のみならず、吉田伊達家と宇和島伊達家の関係や、一期の話など、とても分かりやすくお話しいただいた。この建物は元々は居住部と隣接していたもので、店舗部分だけを移築復元したそうだ。店舗部分より更に広い居住部分の建物は、そのまま人が住んでいるとの事。いつかそちらも見たいものだ。

参考サイト:>>吉田ふれあい国安の郷